フォーデイズ 新規会員に案内状を発送 退会者はいるのか?|家事の合間にラクラク在宅ネットワークビジネス! 口コミ不要の成功法

フォーデイズ 新規会員に案内状を発送‼ 退会者はいるのか?

フォーデイズというとネットワークビジネスで最近好調の企業です。


具体的には今アムウェイと三基商事に続く第3位まで上り詰めています。
この成長の原動力は何と言っても「核酸ドリンク」です。

セラムやエレンといった主流のプロダクトにも核酸はついており、フォーデイズという会社にとって主力商品です。


【警告】まだ勧誘しますか?私は寝ている間にダウン獲得します!


フォーデイズ(本社東京都、和田佳子社長)は、直近1年間に登録した会員を対象に、退会を希望する人の製品の返品の受け付けおよび返金を開始しました。
消費者庁による立入検査を受けての対応策で、9月上旬までにおよそ6万件の新規会員に案内状を発送します。
 
コンプライアンス強化策の一環として始めたこの施策は、消費者庁から指摘された、「フォーデイズ製品で『がんが治る』『病気が治る』などと言われた、または連鎖販売取引であることの説明を受けずに登録した」人が、そのことに不満を抱いて退会したいという場合は「特別退会」という扱いで未開封製品の返品受付および返金を行うもの。



 対象となるのは16年7月18日から17年7月17日の間に新規登録した会員。精査して抽出した6万件弱の会員対して、都道府県別に3回に分けて案内を発送するということで、第1回目として8月25日、約1万5000件に送付しました。
 
「新しくフォーデイズに参加された方々へ」というタイトルの案内状には、消費者庁による昨年8月の指導と今年7月の立入検査について触れ、特別退会の手続きについて説明している。退会を希望する場合の「特別退会依頼書」を同封しており、返品製品の有無を記入しファクスで申し込めるようにしました。

また、「特別退会専用ダイヤル」も設置してスムーズに対応できるように努めています。
 
さらにコンプライアンスを強化するため、正しい勧誘活動が行われていたかを検証するための「会員登録説明確認書」を設け、提出されない場合は会員登録できない仕組みにするようです。
9月18日から本格運用する予定だといいます。

 確認書では、「フォーデイズの入会案内を受け取ったか」「フォーデイズが連鎖販売取引であることの説明を受けたか」など6項目についてチェック欄を設けた上で、製品購入の希望の有無についても記入するようになっています。
この確認書が未提出の場合は、本社から確認の電話を本人に入れるといいます。
 そのほか、同社のビジネスの中核を担う「トレーナー」制度を厳格化するためのトレーナー講習会を8月17日から開始しました。
11月までに講習会を経てテストに合格しなければ資格は失効となる。同社によると、資格者約2万人のうち、約1万3000人が9月末までに参加する予定だといいます。

■薬事法とは何か


■人々の命に関わる医薬品には並々ならぬ規制があるのです。


「製薬」と呼ばれるためには薬事法で規定された多数の厳格な審査を通過することが求められます。これに通過せずに医薬品であることを歌えば即座に薬事法違反です。


薬事法の第一文目には以下のように書かれています。

医薬品、医療機器等の品質、有効性及び安全性の確保等に関する法律
この法律は、医薬品、医薬部外品、化粧品、医療機器及び再生医療等製品(以下「医薬品等」という。)の品質、有効性及び安全性の確保並びにこれらの使用による保健衛生上の危害の発生及び拡大の防止のために必要な規制を行うとともに、指定薬物の規制に関する措置を講ずるほか、医療上特にその必要性が高い医薬品、医療機器及び再生医療等製品の研究開発の促進のために必要な措置を講ずることにより、保健衛生の向上を図ることを目的とする。





よく健康食品に関するトラブルは「その製品について言われている効果の有無」に目が向けられますが、実はそこは問題としては大きくありません。

仮に「病気が治る」としても「病気が治る」と言ってはいけないのです。
医薬品としての効果をうたった瞬間アウトなのです。


大切なので繰り返し言いますが、薬事法としての診断を通らない製品はいかに医薬品レベルの効果効能があってもそれを販売において話すことは違法なのです。


この基本的な法律への理解してビジネスを進める必要がありますね。

悪気なく製品がいい事をただ勧めているつもりでいても

「この商品でがんが治るんだって」なんて言ってしまわないようにしたいですね。

こちらから誘わないネットワークビジネスの新しい集客法

2017.09.18 | コメント(0) このブログの読者になる更新情報をチェックする
この記事へのコメント
ネットでMLMバナー2.png
人気記事
    テキストや画像等すべての転載転用販売を固く禁じます