やっと解禁に 副業で不労所得を得る方法とは?|家事の合間にラクラク在宅ネットワークビジネス! 口コミ不要の成功法

やっと解禁に⁉ 副業で不労所得を得る方法とは?

2016年末に、政府が正社員の副業について原則禁止から原則容認へ方針転換したのをご存知でしょうか。
安倍政権が力を入れている「働き方改革」会議の中で、安倍首相は今年を「日本の働き方を変える歴史的な一歩」と位置づけています。
それは、今後、私たちの働き方が大きく変わっていく可能性がますます大きくなったということに他なりません。
7f148710e553a7a369a82d4016959821_t.jpeg

どうしても口コミが苦手なあなたは↓↓↓
友達を誘わなくても、寝ている間にザクザク集客!

■副業を推奨する社会は目前に



日本の終身雇用制度はいずれ崩壊すると言われて久しいですが、誰もが知っている大企業が経営破綻に陥るのを、私たちは目の当たりにしてきました。

■どんな副業があるのでしょうか?



副業とひとことで言ってもその種類はさまざまですね。まずは大きく2つに分かれます。

★労働所得型



いわゆる給与収入です。
労働の対価として報酬をもらう仕組みです。
副業として働く場合、本業の就労時間外にコンビニでアルバイトをするなど、ダブルワークと呼ばれる働き方になります。

★不労所得型



資本所得とも呼ばれ、労働を伴わない収入を指します。例えば、賃料収入や株の配当など、不動産や金融商品といった資本を所有していることで得られる所得です。

副業」という観点で考えると、労働所得には限界があります。1日24時間という限られた時間の中で、正社員として勤務している場合、1日の就労時間が8時間ですね。
それにプラスして通勤時間や生活時間を考慮すると、ダブルワークとして働くには、睡眠や休日の自分の時間を削らなければ、労働時間を捻出することは不可能でしょう。

時間的余裕がなくなることで、生活の質が下がりますし、たとえ無理をして働いたとしても、ストレスがたまったり、健康を害したり、本業に支障をきたす恐れもあります。状態によっては通院することになるかもしれません。

経済的余裕を手に入れるために副業を始めたにもかかわらず、結果的に余計な出費が増え、お金も時間も健康も失ってしまう……なんてことになったら本末転倒ですね。

副業をするなら、自分が労働するのではなく、「自分以外」を資本とする不労所得型を選択するのが賢明でしょう。では、不労所得にはどのような手段があるのでしょうか。

■不労所得を得るにはどうしたらいい?



不労所得を得るには、自分以外の「資本」を使って収益を上げる仕組みを作ればいいのです。自分以外の資本から得られる代表的な収入には、このようなものがあります。
◆広告収入
◆著作権収入
◆不動産収入
◆配当収入
◆権利収入
ですが、【不労所得】にも
メリット=労働しなくても継続的に収入が発生する
デメリット=資産を構築するまでに労力を要する
がありますね

不労所得とはいえ、いずれの手段にしても、最初は労力をかけて資産構築をする必要があります。不動産収入や配当収入には、多額の資金や専門知識が必要になりますし、広告収入や著作権収入には、サイトの構築、本を書く、楽曲を作るというような「資本」を作り出すのに多大な時間と労力を要します。

しかも、この時点では収入は発生せず、無報酬で働かざるを得ないので、出来上がるまでのモチベーションの維持も課題となります。

■もっと楽に不労所得を得るには



★最低限の資金で出来ること


★自分のペースで出来ること


★在宅で出来ること


などなど、人にはそれぞれ思いはあると思います。

会社員などは、副業でアルバイトは、やはり、時間的、体力的に大変でしょう。

楽に不労所得を得る方法を探すことも考えてみては、いかがでしょうか?

政府も副業の必要性を感じているようですから、副業解禁の企業が、これから出てくるかもしれませんね。


ネットワークビジネスは楽に集客できるのが一番の成功法則である。



参考資料(ZUU online)

2017.08.21 | コメント(0) このブログの読者になる更新情報をチェックする
この記事へのコメント
ネットでMLMバナー2.png
人気記事
    テキストや画像等すべての転載転用販売を固く禁じます