子ども食堂の運営を支援「キッズカフェ」オープン ニュースキンジャパン|家事の合間にラクラク在宅ネットワークビジネス! 口コミ不要の成功法

子ども食堂の運営を支援‼「キッズカフェ」オープン ニュースキンジャパン

ニュースキンジャパン(本社東京都、小林和則社長)は、福祉施設や生活困窮者などに食品を提供する、フードバンク活動団体のセカンドハーベスト・ジャパン(2HJ、本部東京都、マクジルトン・チャールズ理事長)による初の子ども食堂「Kids Cafe(キッズカフェ)」開設を支援する。
 4月1日、東京・浅草橋にオープンした。ビル1階のスペースに17席を確保。毎週木曜日と金曜日、土曜日に営業するという。利用はすべて無料、食材は食品関連企業からの寄贈食品が活用され、施設の設置、運営はニュースキンジャパンが資金を支援し、ボランティアの協力を得て行う。
 
ネットワークビジネスは楽に集客できるのが一番の成功法則である。

食の支援が必要な子どもたちに食事を提供するだけでなく、学習支援や体験・交流プログラムを実施。コミュニティースペースとしての役割も果たす、子ども食堂の新たなモデルになることを目指すとしている。
 開設にあたって台東区をはじめとする行政機関と連携を図り、家で十分な食事がとれない、あるいは一人で食事をしなければならない子どもが利用しやすい施設を目指し、週3日の実施体制でスタートする。
 ニュースキンジャパンは06年から2HJに継続的な支援を行っており、16年12月末時点での寄付金は2億7786円にのぼるという。現在、児童養護施設や母子家庭で暮らす7000人の子どもたちへ食糧を届けるため、毎月150万円の寄付とともに、ボランティア活動を実施している。

2017/04/14 日本流通産業新聞より




ニュースキンとは、1984年にアメリカ・ユタ州で創業され「あなたにとって良いものだけ」を経営理念に、スキンケアやニュートリシューティカルの開発・販売やインターネット関連事業を行っており、世界50ヶ国以上の国と地域に進出しているネットワークビジネス企業(MLM)です。

NSE(ニュースキンエンタープライズ)は、日本法人のニュースキンジャパンおよびすべてのマーケットの関連会社の資本を100%保有する持ち株会社です。
そしてNSEはニューヨーク証券取引所に上場しており、化粧品などのニュースキン(Nu Skin)、健康食品などのファーマネックス(Pharmanex)、インターネット関連などのビッグプラネット(Big Planet)の3分野に分かれています。

ニュースキンジャパンは約400億円(2015年)もの売上高を誇り、日本のネットワークビジネス業界ではアムウェイや三基商事らと並ぶ大手企業として存在しています。

売上高自体は1998年の850億円をピークに年々減少傾向にありますが、それでも400億円もの売上高を誇っている理由は、ニュースキンの製品や販売手法が未だに多くの人達から支持されているという現れでもあります。
これはビジネス主体でニュースキンに参加した短期的中心な顧客が多かった90年代後半に比べ、製品主体で参加した長期的顧客が増えているのでないかと推測されます。

その裏付けとして、ニュースキンのサプリメントや化粧品その他の製品は定評があり、特に化粧品は肌により良い成分を中心に採用した製品を豊富に揃えています。
その為ニュースキン製品は、配合成分を気にするアトピーで悩む人達などを中心に@コスメなどの口コミサイトなどでの評判は上々なのです。


どうしても口コミが苦手なあなたは↓↓↓

友達を誘わなくても、寝ている間にザクザク集客!

2017.07.30 | コメント(0)トラックバック(0) このブログの読者になる更新情報をチェックする
この記事へのコメント
この記事へのトラックバック
ネットでMLMバナー2.png
人気記事
    テキストや画像等すべての転載転用販売を固く禁じます